So-net無料ブログ作成

京都競馬結果 11R 珍事 [競馬]

京都競馬結果 11R 珍事


20日の京都競馬場の11レース(ダート1200メートル◇3歳上◇出走16頭)で
57年ぶりの珍事が起きたそうだ。

3着争いは3頭が横一線の状態になったという。1、2着馬は目視で確認できたが、

3着は写真判定となり結果は、3番人気のファリダット、6番人気のタンジブルアセット、
2番人気のワールドワイドが同着の3着となった。

写真判定の時間12分間も掛ったという

3頭同着は過去に3回あるそうで、03年9月6日の札幌8R以来9年ぶり。
2例は5着の同着で、馬券の対象外。

3着での3頭同着は55年2月12日の中京9R以来57年ぶり2回目だが、
この時は7頭立てで、複勝の払い戻しは2着までだったため3着馬は払い戻しの
対象になっていなかった。

馬券の対象で3頭同着となったのは今回が初めての出来事だったそうだ。


今回が初めて払い戻しの対象(複勝は5通り、ワイドは7通り、3連複と3連単は3通り)となった。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

オルフェーヴル フォア賞 優勝 凱旋門 [競馬]

フランス 凱旋門賞(10月7日)の前哨戦、第58回フォワ賞・G2が16日、本番と同じロンシャン競馬場の

芝2400メートルで、5頭が争った。

日本から参戦したスミヨン騎乗のオルフェーヴル(牡4歳、栗東・池江厩舎)が、直線でインから

抜け出して優勝した。



日本馬の勝利は、99年エルコンドルパサー以来、13年ぶり2度目とか。


本番と同じ舞台での戦いを制したことで、凱旋門賞で日本馬初の制覇に期待が膨らんできました。


競馬ファンにとっては日本馬が外国で活躍するのはうれしいですね。



スミヨン騎手とオルフェーヴルとの相性がよさそうですので期待出来そうですね。


オルフェーヴルの戦績を調べてみました

◆オルフェーヴル(牡4)  厩舎:栗東・池江泰寿
父:ステイゴールド
母:オリエンタルアート
母父:メジロマックイーン


成績:15戦9勝(重賞8勝、うち海外1勝)
2010/08/14    新潟     2歳新馬          1着
2010/10/03    中山     芙蓉S(OP)       2着
2010/11/13    東京     京王杯2歳S(G2)    1着
2011/01/09    京都     日刊スポシンザン記念(G3)   2着
2011/02/06    京都     きさらぎ賞(G3)             3着
2011/03/26    阪神     スプリングS(G2)          1着
2011/04/24    東京   皐月賞(G1)              1着
2011/05/29    東京   東京優駿(G1)              1着
2011/09/25    阪神   神戸新聞杯(G2)        1着	
2011/10/23    京都   菊花賞(G1)         1着
2011/12/25    中山   有馬記念(G1)        1着 	
2012/03/18    阪神   阪神大賞典(G2)       2着 	
2012/04/29    京都   天皇賞(春)(G1)       11着
2012/06/24    阪神   宝塚記念(G1)         1着




日本での騎手はほとんどが 池添謙一騎手ですね








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。