So-net無料ブログ作成
検索選択

1月7日は何の日 七草粥 人日(じんじつ)の節句って [文化]


1月7日は 七草粥の日として知られていますね。
何ででしょうか?

3月3日、5月5日、7月7日、9月9日と、同じ数字が並ぶ5節句の中の唯一の例外は、
1月7日の人日(じんじつ)の節句。


節句

人日(1月7日)
上巳(3月3日)
端午(5月5日)
七夕(7月7日)
重陽(9月9日)


1月1日から行なわれる様々な新年行事がひと段落ついたころ、7日には七草粥を食べる日としてよく知られています。

七草とは、せり・なずな(ペンペングサ)・ごぎょう(ハハコグサ)・はこべら(ハコベ)・
ほとけのざ(タビラコ)・すずな・すずしろ(大根)の
7種の野菜を刻んで粥に入れて食べた風習をいいます。


でもお正月には、まだ野草は芽吹いていないのでは?と
思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし旧暦でのお正月は、現在の2月頃なんですね。まだ寒さも厳しいながら、
陽射しには春を感じるころです。
長い冬が終わりに近付き、野に出て春いちばんの息吹きを持ち帰る、七草粥の行事は
新しい年が始まる喜びの行事だったと想像できるのではないでしょうか。

そして現代の私たちにとっても、1月7日に食べる七草粥は、
お正月の暴飲暴食で、疲れた胃を休めるためだといわれています。


ところで人日(じんじつ)の日とは

古来中国では、正月の1日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪(豚)の日、4日を羊の日、
5日を牛の日、6日を馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていた。
そして、7日目を人の日(人日)とし、犯罪者に対する刑罰は行わないことにしていた。

また、この日には7種類の野菜(七草)を入れた羹(あつもの)を食べる習慣があり、
これが日本に伝わって七草がゆとなった。日本では平安時代から始められ、江戸時代より一般に定着した。
人日を含む五節句が江戸幕府の公式行事となり、将軍以下全ての武士が七種粥を食べて人日の節句を祝った。

また、この日は新年になって初めて爪を切る日ともされ、七種(ななくさ)を浸した水に爪をつけて、
柔かくしてから切ると、その年は風邪をひかないと言われている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬至にゆず湯 効能 風邪 [文化]


日本では冬至にゆず湯に入浴する習慣がありますが
江戸時代頃より始まったようですね。

「ゆず湯 に入れば風邪を引かない」と言われています。

冬至の日には銭湯ではゆず湯を用意するところもありますね。

冬至の21日に合わせて栃木県日光市の鬼怒川温泉と川治温泉の旅館、
ホテル日帰り入浴施設などで21~22日、ゆず湯風呂キャンペーンが行われそうです。

古くより、「冬至にゆず湯に入ると風邪を引かない」と言われていることから、
鬼怒川・川治温泉観光協会が毎年この冬至の時期に行っているそうです。

ゆずを2日間で2トン約3万個も使うそうです。ゆずはすべて、地元産だそうです。
そして、約80軒の旅館の風呂がゆず湯になるという。


ゆず湯に入ると、血管が拡張して血液循環がよくなって「冷え性」「神経痛」「腰痛」などに
いいらしいですよ。
また、血行促進効果があって、ビタミンCも豊富なので、肌にもとてもいいのだそうです。



さらに、23日の午前10時から東武鬼怒川温泉駅前で先着2000人に土産ゆずが無料で配らるようですよ。
近くにいった方は貰っちゃいましょう。

また、ゆず餃子(ぎょうざ)も販売されるそうです。

ゆず餃子ってどんな味なんでしょうかね?
食べてみたいですね。


きとうむら 木頭柚子 ゆず湯 30g×5パック入きとうむら木頭柚子ゆず湯 30g×5パック入 【ポイン

徳島県にある木頭村(きとうむら)で栽培された無農薬柚子の皮を乾燥し、粉末状にした無添加、無香料の入浴剤です。不織布袋の個包装で使いやすくなっております。入浴剤として使い終わった内容物は、袋のままお...





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キスの日 由来  5/23 [文化]

今日5月23日はキスの日だそうである。

田舎親父も、始めて知った、前にも聞いたことがあるのかもしれないが?

何でも1946年5月23日に、日本で初めてキスシーンが登場する映画である、


佐々木康監督の『はたちの青春』が封切りされたことから、5/23日がキスの日になったようである。


この映画、主人公とヒロインがほんのわずかだが唇を合わせたことが話題となり、連日劇場は満員だったとか。

いま、キスシーンがあるから映画館が満員なんて考えられないですね。

いまの映画キスシーンなんて当たり前になっていますよね。

60?の時代の流れを感じますね。


5月23日は、また恋文の日/ラブレターの日でもあるらしい

こちらは松竹が制定したとのこと。なんでも5月23日の「523」が「こいぶみ」と読めることと、

浅田次郎原作の映画『ラブ・レター』の公開初日であったことから。

制定したらしい、

最近はメールですかね。たまにはラブレターもいいかも?





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。