So-net無料ブログ作成

ロシアで隕石落下で700人以上が負傷! [宇宙]

モスクワ時事通信によると
ロシア・ウラル地方チェリャビンスク州付近で15日午前9時23分(日本時間午後0時23分)ごろ、
隕石(いんせき)とみられる物体が落下し、大気圏内で爆発した。
非常事態省によると、衝撃波で割れた窓ガラスの破片などで500人以上が負傷し病院で手当てを受けた。
うち3人は重傷という。地元メディアが伝えた。
被害の全容は依然不明だが、隕石落下によって負傷者が出るケースは、世界的にも極めて珍しい。
警察当局によると、隕石の破片が3カ所に落下し、うち二つが発見された。

ロシア国営原子力企業ロスアトムなどによると、ウラル地方にある使用済み核燃料再処理工場に
影響は出ていない。
また、ウラル地方スベルドロフスク州ではベロヤルスク原子力発電所が稼働しているが、
エネルギー供給や放射線量に異常はないという。
地元メディアによると、隕石爆発で衝撃波が発生し、チェリャビンスク市などでガラスの破損や
建物壁面の被害などが確認された。住民は大きな爆発音でパニックに陥った。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130215-00000113-jij-int




珍しいことが起きたもんですね。隕石が燃え尽きずに落下
隕石落下の衝撃波などで負傷者って珍しいですね。

警察当局によると、隕石の破片が3カ所に落下し、うち二つが発見されたそうですが
どのくらいの大きさだったんでしょうかね。


ところでNASAによると、直径約45メートルの球状の小惑星が
月よりもはるか近く、静止衛星よりも内側を秒速13キロというスピードで地球からわずか2万7000キロメートルの
距離のところを通過するらしいです。

これほど大きな天体がここまで地球に接近するのは、1990年代に観測を開始してから初めてだという。

この小惑星は「2012 DA14」と命名され重さ約13万トンだそうです。

今回の接近について、NASAは「危機一髪」と表現しているが、専門家によると衝突の可能性はないという。

直径約45メートルの小惑星「2012DA14」の地球への再接近は、日本時間の16日午前4時24分に
最接近するとか。


ロシアに落下した隕石は、この小惑星に影響されたんでしょうか?
しかし、住民のいる近くに落下するのは怖いですね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自国で人工衛星を軌道上に到達させる能力を有する国 [宇宙]

初めて海外から受注した韓国の衛星を載せたH2Aロケット21号機が、18日午前1時39分、

鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ,

相乗りした日韓の衛星を軌道に投入し、海外衛星の商用打ち上げに初めて成功しました。


多くの国は人工衛星を設計・製造する能力を有しているのですが、自国で打ち上げることができる国は少数なんですね。

たった9カ国と1グループでその中に日本は入っているんですね。

自国で人工衛星を軌道上に到達させる能力を有する国は

アメリカ、ロシア、フランス、日本、中国、イギリス、インド、イスラエル、イランの

9カ国と欧州宇宙機関と非常に少ないですね。


  打ち上げられた衛星が任務が終了したらどうなるんでしょうかね。

(ウィキペディア フリー百科事典 より)

人工衛星の任務が終了に近づくと、衛星を現在の軌道から離脱するのか、そのままにしておくのか、墓場軌道まで動かすのかと

いう選択肢がある。

初期の人工衛星は予算的な都合によって軌道変更のための機能を持つことはほとんど無かった。

たとえば、1958年に打ち上げられたヴァンガード1号は4番目に軌道に投入された衛星であるが、2009年8月現在も軌道上に存在し、

最も長く軌道上に存在する衛星となっている。

現在、気象衛星をふくめ、静止軌道上の衛星は姿勢・軌道制御を行うためにスラスターを搭載している。

スラスターの燃料が切れると衛星は静止軌道を保てなくなるため、寿命末期には静止軌道からさらに高度の軌道(墓場軌道)に上昇させ、停波・廃棄する。

しかし、中には何らかの理由により軌道離脱ができず、スペースデブリ(宇宙ゴミ)と化す衛星もある。


今までは他国や民間から衛星の打ち上げ業務を受注し、収益を得る商業打ち上げは欧州の大型機「アリアン5」と

ロシアの同「プロトン」が世界市場の大半を占めていて、13年に実用化したH2Aはロケットとしての実績が乏しく、

コストも円高で割高なため市場参入できない状態が続いていましたが、コスト削減などで、これから日本製のロケットが商業打ち上げに

おおくつかわれる事を期待したいですね。また、有人ロケットも



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。