So-net無料ブログ作成
検索選択
ボクシング ブログトップ

井岡一翔 大晦日 ミニマム級 王者 [ボクシング]


WBAダブル王座決定戦で井岡と宮崎が新王者に

31日プロボクシングの世界ボクシング協会(WBA)ダブル王座決定戦が、
大阪市のボディメーカーコロシアムで行われました。

TBS系の大晦日スポーツ祭りの中で中継されていました


ミニマム級の元2団体王者でWBAライトフライ級2位の井岡一翔(23)=井岡ジム=は、
同5位のホセ・ロドリゲス(23)=メキシコ=に6回TKO勝ちした。

井岡、開始早々のボディが効いてまさに完勝だったですね。


井岡は日本選手として9人目の複数階級制覇ですね。
11戦目での2階級制覇はいままでの日本最短だそうです。

やっぱ井岡選手強かったですね。

もうひとつのWBAミニマム級は、井岡の同級生で同門、そして井岡と同じく無敗の宮崎亮(24)が、
満を持して同4位のポンサワン・ポープラムック(34)=タイ=に臨み僅差の2―1の判定で勝ち、
初の世界挑戦だったですが新しく王者につきました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

佐藤洋太 テレビ中継 初防衛 [ボクシング]



 ボクシングWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチが8日、神奈川横浜文化体育館で行われ、

WBC世界スーパーフライ級王者の佐藤洋太(28=協栄)が同級1位シルベスター・ロペス(24=フィリピン)に3-0という大差の判定で勝ち、

初防衛に成功しました。


終わってみれば、1人のジャッジが10ポイント差の大差判定勝利。


試合後に佐藤洋太選手は「自分のトリッキーで独創的な動きを世界ランク1位の選手に見せることが

できたことは収穫です」と完勝劇を振り返っていましたが

「リスクを冒さずに勝ちたかったので、これでよかった」と言いながらも、

「納得がいかない」と反省の言葉。そして「まだまだ進化できると思う。次はもっと攻撃的な部分を見せたい」と

さらなる成長を誓っていました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

亀田和毅 メキシコ選手にTKO勝ち シルバー王座獲得 [ボクシング]


WBCとWBA世界バンタム級6位の亀田和毅20+ 件(20=亀田)が、WBC世界同級シルバー王座を獲得した。

当初は、WBC世界スーパーフライ級15位ハビエル・チャコン(アルゼンチン)との対戦が予定されていたが、

試合直前に対戦相手がハイロ・エルナンデス(22=メキシコ)となった。


ボディーブローと右フックのコンビネーションを効果的に決めて優勢に戦うと、戦意を喪失したエルナンデスが11回の試合開始に応じず、

亀田が10回終了TKO勝ちを収めた。


ハイロ・エルナンデス選手は6回戦の経験が2度あるだけの完璧6回戦ボクサーらしいですね。日本ランカー以下じゃないですか?


 亀田はシルバー王座獲得により、山中慎介(帝拳)の持つWBC世界バンタム級王座への有力挑戦者候補に浮上したそうですが

ところでシルバー王座ってなに?



(ウィキメディア)

シルバー王座:暫定王座の代替王座として創設されたが、位置付けや運用面での詳細は不明のまま施行されている。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

しずちゃん検査で 脳に異常なし [ボクシング]

女子ボクシングロンドン五輪の出場を目指すお笑いタレントの「しずちゃん」こと山崎静代さん
(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)が以前  MRI検査で脳に「影」と報じられ

16日に東京都内の病院で頭部のコンピューター断層撮影(CT)検査を受け、異常なしと診断されたと

指導をされている梅津正彦トレーナーが報告していましたが、

さらに今日、大阪市内で磁気共鳴画像装置(MRI)による頭部の精密検査などを受けて

「異常なし」と診断されたことを

大阪市内で記者会見を開き報告されていましたね。


日本テレビのミヤネ屋の番組で生放送されていましたね。


これでファンも安心して応援できますね。

しずちゃんも嬉しそうでしたね。安心してトレーニングに集中してもらって

ロンドン五輪出場権が懸かる世界選手権(5月、中国)では五輪の出場権を取れるといいですね。


山崎静代_2.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

しずちゃん ボクシング MRI検査で脳に「影」 [ボクシング]

女子アマチュアボクシングロンドン五輪出場を目指しているしずちゃんことお笑いコンビ南海キャンディーズ(よしもとクリエイティブエージェンシ)の

“山ちゃん”こと山里亮太さんとコンビを組んでいるボケ担当の山崎静代さんが、ボクサーとしては致命的な脳の「異常」が疑われており、

検査結果によってはボクシングを続けられないかもしれないという事態だと。報じられていますね。

8日に大阪市内でしずちゃんと面会した日本連盟の山根明会長は「本人は『本当じゃないです』とあっけらかんとしていたそうですが。

日本連盟の山根明会長はは「疑いを持たれている以上、検査を受けた方がいい」と説明したそうで。

脳外科専門の同連盟医事委員長に診断を依頼。過去の病院での診断資料も持参するよう本人に指示を出した。とのこと


5月上旬に五輪出場枠を争う世界選手権(中国・秦皇島)が控えているのに、異常が見つかった場合、

山根会長は「判断は医事委員長が下すことになるが、ドクターがストップと言えば、どうしようもない」と出場辞退を勧告する可能性もあるとのことで。


心配ですね。早く検査をしてファンに安心させて欲しいのと自身も安心してボクシングに取り組んで

女子アマチュアボクシングでロンドン五輪出場を果たして欲しいですね!。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
ボクシング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。