So-net無料ブログ作成
検索選択

アリスコンサートツアー2013 [芸能]

アリス.jpg

4月8日(月)放送のフジテレビ系「笑っていいとも!」の
テレフォンショッキングのコーナーアリスが出演しました。


アリスが今年、2009年以来、5回目の活動再開で

コンサートツアーを5月5日(日)大阪・フェスティバルホールから
開催する事発表していましたね。



タイトルは「アリス コンサートツアー 2013~ It's a Time~」として、
全国47都道府県を回るそうですね。

アリスが一つのツアーで47都道府県を回るのは初めてとなるとのこと。


また、26年ぶりのオリジナルアルバム『ALICE XI』を4月10日(水)にリリースする


久々のアリスの活動、今年は様々な活動に期待できそうだ。!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

小野伸二が華麗な技術を発揮敵将も小野伸二を絶賛!芸術的ゴール [サッカー]


オーストラリア・Aリーグ2012-13シーズンファイナルシリーズ(プレーオフ)準決勝が12日行われ、

リーグ新規参入1年目にして小野伸二の所属するウェスタンシドニーはーズンを1位で終えた
プレーオフは準決勝からの登場となった

準決勝はウェスタン・シドニーと5位のブリスベン・ロアーとの対戦

小野はレギュラーシーズン最終節を負傷のため欠場していたがこの試合に先発復帰を果たした。



前半15分、ウェスタン・シドニーはFWディーノ・クレシンゲルのゴールで
先制に成功。

1-0で迎えた後半26分にバウンドしたボールをペナルティーエリア手前左側で受けると、
タイミングを見て左足から放たれたボールは絶妙な弧を描いてGKの頭上を越える
芸術的なループシュートを決めて

ウェスタンシドニー・ワンダラーズが決勝進出を下しました。

天才、小野伸二ですね。

ウェスタン・シドニーのトニー・ポポビッチ監督も「彼は特別な選手。我々のチームに彼が
いてくれることに興奮している」と話しているそうです。

敵将のブリスベンのマイク・マルビー監督は「とてつもないゴールだった」と絶賛していたとか。



ぜひ代表で芸術的なゴールを見たいですね

怪我はつきものですが怪我さえなかったら
代表に呼ばれていたかもまた、もっとすばらしいサッカー見せていたかも知れませんね。

昨年の9月28日、オーストラリア・Aリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCに移籍しての活躍
ですから移籍さきのチームと小野のプレースタイルがマッチしたんでしょうか
戻った清水ではダメでしたからね




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本屋大賞 2013 発表 [ニュース]


2013 年の本屋大賞の結果が発表されました!

ところで本屋大賞なに?
あまり聞いたことがない人が多いんではないんでしょうか?

本屋大賞は「売り場からベストセラーを作る」をコンセプトに創設され、
今回が10回目だとか。

全国書店員が一番売りたい本として選ぶんだそうですね。


4月9日(火)明治記念館にて「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2013年本屋大賞」の
発表会ありました。


一次投票には全国463書店より598人、
二次投票には263書店より307人の投票だったとか。


二次投票ではノミネート作品をすべて読んだ上でベスト3を推薦理由とともに投票

書店員もノミネート作品をすべて読むなんてたいへんですね。
1年で11冊、月に約1冊のペース



その結果、2013年の本屋大賞は、『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)に決まったそうです。


過去の受賞作はいずれも映像化されているらしいですね!
今回も映像化されるんでしょうかね。?

本もいいですけど映画でみるのもいいですね。

ノミネート作品11冊と順位は下記


大賞 『海賊とよばれた男』百田尚樹  278.0点

  

2位 『64』横山秀夫(文藝春秋)  266.0点


3位 『楽園のカンヴァス』原田マハ(新潮社) 238.5点


4位 『きみはいい子』中脇初枝 (ポプラ社) 212.5点


5位 『ふくわらい』西加奈子(朝日新聞出版) 182.0点


6位 『晴天の迷いクジラ』窪美澄 (新潮社) 167.0点


7位 『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)149.5点
    

8位 『世界から猫が消えたなら』川村元気(マガジンハウス) 145.5点


9位 『百年法』山田宗樹 (角川書店)   139.5点
  

10位 『屍者の帝国』伊藤計劃、円城塔 (河出書房新社)


11位 『光圀伝』冲方丁(角川書店)


最近、本読んでないなあ―
一冊くらい読んでみるかな―


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大江アナ 卒業 アド街 [芸能]


テレビ東京の大江麻理子アナウンサーがモヤモヤさまぁ~ず2を卒業となることで
卒業番組として

7日(後6・30から)のテレビ東京で「モヤモヤさまぁ~ず2 大江アナ卒業記念スペシャル」が
放送されていましたね。

さまぁ~ずの2人とニューヨークでのブラブラ散策が最後となったんですね。

何でニューヨークと思ったら大江アナ1日付でニューヨーク支局へ転勤していたんですね。

大江アナと言えば2007年4月のレギュラー放送スタートから、ずっと番組を支えてきていました。

1日目はヤンキースタジアムなどをブラブラ散策
2日目のブルックリンをブラブラ散策が、大江アナがさまぁーずとの“ブラブラ”が最後になりました。
最後の

大江アナが最後にあいさつで
「6年間、私たちと一緒に街を歩いていただいて、視聴者の皆さん、
ありがとうございました。私はニューヨークに残って、新人になった気持ちで頑張ります。
さまぁ~ずの2人を残していくのは心配ですが、温かく見守ってください」とおっしゃっていましたですね。

最後に さまぁ~ずに握手を求められ、別れると、大江アナは涙くんでいましたですね。
さまぁーずの三村マサカズも「やばいよ」といってうるうるでしたね。

6年間も一緒にやってきたんですからやっぱり別れは寂しいですね。それもアメリカに転勤ですからね。
余計会うことが難しいと思ったらうるうるしますよね。

後任は狩野恵里アナウンサーらしいですね。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドラゴンボールZ 神と神 スーパーサイヤ人ゴッド [アニメ]

17年ぶりの劇場作品として17ぶりに公開された
アニメ映画「ドラゴンボールZ 神と神」が3月30日の公開から
たった6日間で100万人を超える観客があったらしいですね。

配給元の東映が4日に動員100万人を達成したと発表しました。

ドラゴンボールといえば 「週刊少年ジャンプ」に連載され、日本だけではなく
海外でも大人気ですよね。
原作者、鳥山明による大ヒットコミックが原作のアニメシリーズ「ドラゴンボール」の劇場版。


今回、鳥山さんが脚本段階から制作に関わり、テレビシリーズの「ドラゴンボールZ」で
孫悟空たちが魔人ブウとの戦いを終えてからの話が完全オリジナルストーリーで展開されている。


アニメ映画「ドラゴンボールZ 神と神」のあらすじ

あの一度地球を消滅させてしまったほどの力を誇った魔人ブウとの壮絶な戦いから数年後。
長い眠りから目覚めた破壊の神ビルスは、付き人であるウイスからフリーザを倒したという
サイヤ人の話を聞き、界王星で修行していた孫悟空の前に現われる。
宇宙を管轄する界王の忠告に耳を傾けず久々の強敵に挑んだ悟空だったが、
ビルスの強大な力に歯が立たず敗北を喫する。
「地球にはもっと破壊しがいのあるヤツがいるといい……」不気味な言葉を残して。
ビルスはその場を去っていった。

ベジータや孫悟飯らおなじみのキャラクターが総登場し、強大な力を持つ破壊神ビルスを倒すべく死闘を繰り広げる
はたして悟空達はビルスの破壊を止めることができるのか!?
圧倒的な破壊者を前に、地球最強の戦士たちが再び立ち上がる!!


そして、伝説の中の伝説の存在である、超サイヤ人ゴッドが登場。
もう観た人はわかるけど
超サイヤ人ゴッドには誰がなるんでしょうね。そしてどうやってなるんでしょうね。

魔人ブウを倒した時は地球人皆の気を集めた元気玉だったけど....


<映画『DRAGON BALL Z 神と神』予告編>
http://www.youtube.com/watch?v=tAyLJq08lZo


http://www.dragonball2013.com/


しかし、今年に入って動員100万人を突破したのはこれまで米映画の「テッド」、
「ダイ・ハード/ラスト・デイ」、邦画の「ドラえもん のび太のひみつ道具博物館」、
プラチナデータ」など8作品があるようですが。
 アニメ映画「ドラゴンボールZ 神と神」が動員100万人を突破したの最速だそうですね。

動員数何人まで伸ばすんでしょうかね。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。