So-net無料ブログ作成
検索選択

小野伸二が華麗な技術を発揮敵将も小野伸二を絶賛!芸術的ゴール [サッカー]


オーストラリア・Aリーグ2012-13シーズンファイナルシリーズ(プレーオフ)準決勝が12日行われ、

リーグ新規参入1年目にして小野伸二の所属するウェスタンシドニーはーズンを1位で終えた
プレーオフは準決勝からの登場となった

準決勝はウェスタン・シドニーと5位のブリスベン・ロアーとの対戦

小野はレギュラーシーズン最終節を負傷のため欠場していたがこの試合に先発復帰を果たした。



前半15分、ウェスタン・シドニーはFWディーノ・クレシンゲルのゴールで
先制に成功。

1-0で迎えた後半26分にバウンドしたボールをペナルティーエリア手前左側で受けると、
タイミングを見て左足から放たれたボールは絶妙な弧を描いてGKの頭上を越える
芸術的なループシュートを決めて

ウェスタンシドニー・ワンダラーズが決勝進出を下しました。

天才、小野伸二ですね。

ウェスタン・シドニーのトニー・ポポビッチ監督も「彼は特別な選手。我々のチームに彼が
いてくれることに興奮している」と話しているそうです。

敵将のブリスベンのマイク・マルビー監督は「とてつもないゴールだった」と絶賛していたとか。



ぜひ代表で芸術的なゴールを見たいですね

怪我はつきものですが怪我さえなかったら
代表に呼ばれていたかもまた、もっとすばらしいサッカー見せていたかも知れませんね。

昨年の9月28日、オーストラリア・Aリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCに移籍しての活躍
ですから移籍さきのチームと小野のプレースタイルがマッチしたんでしょうか
戻った清水ではダメでしたからね






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。